編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、レンタル事業者を対象にしたライセンスプログラムを提供開始

目黒譲二

2007-12-05 20:01

 マイクロソフトは12月5日、PCやサーバーのレンタル事業者を対象に、マイクロソフト製品のレンタル利用を許諾するサービスプロバイダ向けライセンスプログラム「SPLA(Services Provider License Agreement)2.3」の提供を開始した。

 SPLA2.3は、Windows Vista、2007 Office system、Forefront、Windows Server 2003など、PCやサーバーのレンタル事業において利用できるほぼすべてのマイクロソフト製品を提供するライセンスプログラム。

 マイクロソフトでは、OEM、パッケージおよびボリュームライセンスプログラムで購入した同社製品のレンタルやホスティングでの使用を禁止しており、これまで、一部のレンタル事業者のみを対象とする「デスクトップレンタルプログラム」で、限定的なレンタル利用を許諾してきた。

 今回のSPLA2.3の提供開始により、より幅広い事業者が、これまで対象外であったMicrosoft Windows Vistaなどオペレーティングシステムを含めたマイクロソフト製品のレンタル事業に参入し、事業を展開することが可能になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]