編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフト、「Windows Server 2008」のRC1をリリース

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-12-06 14:10

 Microsoftは「Windows Server 2008」のリリースに向けて新たな節目に達した。

 同社は米国時間12月5日、Windows Server 2008の製品候補第1版(Release Candidate 1:RC1)をリリースし、最終版の完成が2月27日の発売に予定通り間に合うことを約束した。Microsoftは、同製品を「SQL Server 2008」と「Visual Studio 2008」とともにロサンゼルスのイベントで発表することを予定している。

 このイベントは、「Heroes happen here」をテーマに、IT関係者が成し遂げた業績を称える予定だ。また、Microsoftによると、新製品のマーケティングおよび需要喚起を目的に全世界で1億5000万ドル以上を費やすという。

 MicrosoftのバイスプレジデントAndy Lees氏はWindows Server 2008のローンチについて、「企業向けとしてはMicrosoft史上最大となる。Microsoftは多くの業界パートナーとともに、世界的なキャンペーンを実施するために多額の資金を投入している」と声明で述べた。

 Microsoftは、同OSの完成を2007年末と計画しており、その予定を守るため主要な仮想化機能を複数取りやめていた。しかし、8月には同製品の完成が2008年前半までずれ込むことが発表されていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]