編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

プロセッサがマイクロコードのアップグレード機能に非対応であることを示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-12-07 15:00

microcode: CPUnumber not a capable Intel processor

対処

プロセッサの種類を確認する。マイクロコードのアップデートに対応しないプロセッサを使用している可能性がある。

現在、動的にマイクロコードのアップグレードをサポートするのはPentium Pro, PII, PIII, Pentium 4, Celeron, Xeon とP6 以降のプロセッサ、x86_64プロセッサである。

説明

プロセッサはマイクロコードのアップグレード機能に対応していないことを表示する。

マイクロコードドライバはプロセッサのマイクロコードを動的にアップグレードするサービスを提供する。アップデートするとき、マシンを再起動する必要はない。

いわゆるCISCのマイクロプロセッサはアセンブラ命令毎にプロセッサ内部で対応するマイクロプログラムがある。マイクロプログラムはマイクロ命令からなる。マイクロプログラムはマイクロコードと同じ意味で捉えてもよい。プロセッサ内部に書換え可能なメモリがあり、そこにマイクロコードが記憶される。マイクロコードはプログラムの一種であるため、修正のためアップグレードが必要である。

インテル社以外にAMD社製のプロセッサにもCISCベースのプロセッサにはマイクロコードが実装されるが、現時点では、動的なアップグレードの仕組みがまだ出来ていないようである。

プロセッサに書き込まれたマイクロコードはシステムの再起動で消えるため、古いものに戻るので、カーネルドライバは毎回システム起動後にプロセッサへマイクロコードをアップグレードする必要がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]