編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「Windows Vista」のスキップにはリスクも--ガートナーが警告 - (page 2)

文:Steve Ranger(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-12-10 11:25

 Vistaへのアップグレードのための投資対効果検討書を作成しようと四苦八苦している企業に対して、GartnerはVistaを導入するのは新しいハードウェアに限定した方がいいと提言している。つまり、旧OSから新OSに完全に入れ替わるまでに3〜4年のハードウェア交換周期が必要になる可能性があるということだ。

 しかしGartnerはまた、中小規模企業にとってはVistaをスキップしてしまうのも正しい決断になるかも知れないとも述べている。なぜなら、中小規模企業では複数のOSを継続的にサポートするほどの規模がないため、OSの「全面的なアップグレード」をする場合でも効率的に実施できるからである。

 Gartnerはまた、自社開発アプリケーションを運用している大企業も全面的なアップグレードを検討するべきだとアドバイスする。なぜなら、デベロッパーが複数のOSで稼働するすべての自社開発アプリケーションのサポートを担当することになると「アプリケーションの開発費用が大幅に上昇する」からである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]