編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

各プロセッサ内蔵のTSCの内容が一致していることを確認するメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-12-11 15:00

checking TSC synchronization across number CPUs:

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

各プロセッサ内蔵のTSCの内容が一致していることを確認する。

TSC(Time Stamp Counter)はインテルのプロセッサ内部に内蔵された64ビットのカウンタである。カウント値はプロセッサの入力クロック毎にインクリメントされる。マルチプロセッサシステムにおいて、実際に起動されたプロセッサ間にTSCの内容を同期する必要がある。カーネルは起動時にBP(Boot Processor)が順番に各AP(Application Processor)のTSCの内容を読み取り、足した値を有効CPU数で割って平均値を計算した後、各APのTSCを同期させる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]