編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Groovy 1.5:アノテーションやジェネリックなどJava 5の成果取り込む

後藤大地(オングス)

2007-12-10 22:33

 11月9日(米国時間)、Groovy 1.5が公開された。GroovyはJavaで開発されたスクリプト言語。Java仮想マシンとシームレスに連動して既存のJava資産にアクセスできるほか、Javaとよく似た文法を持っているという特徴がある。

 Groovy 1.5ではJava 5で導入されたアノテーションやジェネリック、static import、enumといった機能が取り込まれているほか、Javaとよりシームレスな統合を実現するための新しいツールチェインの追加、Groovy Swingビルダの導入などが実現されている。

 Groovyの次期リリースはもともとはGroovy 1.1として予定されていたが、実現された追加機能や改善項目がマイナーバージョンアップとするには不十分として、リリース前に"Groovy 1.5"とバージョン番号が変更になった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]