MSセキュリティのこの10年:ハッカーを社内に招待 - (page 4)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、磯部達也

2007-12-13 08:00

 その中の一人が元Microsoftの社員のWindow Snyder氏だ。Snyder氏は見返りの仕事を、現在の雇い主であるMozillaで行ったと話す。Mozillaは2007年のBlack Hatで、JavaScript fuzzerなどの一部のツールを公表するとのプログラムを発表した。同社はブラウザを作成する他社に情報提供し、OKが出てからツールを一般にリリースした。ツールにアクセスしてから数日のうちに、Operaはいくつかのバグを発見し、その作業の見返りとしてコードを寄贈した。

 Snyder氏は、「大手ベンダーはみな自社で開発したツールを持っていて、いくつかを互いに融通しあえば、みんなのためにインターネットをもっと安全にできるはず。Microsoftがそういう態度を見せることを何よりも望んでいる」と語る。

 Stathakopoulos氏は、MicrosoftはVisual Studio開発ツールなどのプログラムに同社のノウハウを組み込んでおり、それがソフトウェア設計プロセス全体の一部となっているという点で、多くの場合はMicrosoftの方が大きく貢献していると反論する。

 「ツールを提供したとしても、採用しないと思う。結局、悪人に攻撃の材料を手渡すことになるだけだ。ツールを寄せ集めてプロセスに組み込んだとしても、もっと大がかりに使われるだろう」と語る。

 しかし全体として見れば、Microsoftはセキュリティコミュニティとの交流の場ではかなり高い評価を得ている。CanSecWestセキュリティ見本市の企画を行うDragos Ruiu氏は、セキュリティコミュニティとの関係作りからMicrosoftが得たものは大きく、他社も注目すべきだと語る。「Microsoftはこれから長期に渡って利益を得ると思う」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]