編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

UltraSPARC T2仕様がGPLに

後藤大地(オングス)

2007-12-12 22:06

 Sun Microsystemsは12日(米国時間)、UltraSPARC T2プロセッサ(Niagara 2)の仕様をGPLで公開した。T2プロセッサの仕様をGPLで広くオープンソースコミュニティに公開することで、対応したOSや関連ツールが充実することを期待している。

 Sunは既に同プロセッサのひとつ前のバージョンとなるUltraSPARC T1プロセッサの仕様書を公開している。T2プロセッサは8コアで64スレッドを処理できるプロセッサ。同社はT1/T2に限らず同社のポートフォリオをGPLで公開しエコシステムを活用するモデルを推進している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]