編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

freeBSD 4.11p8からp9へupgrade後、httpsdが起動しません

OKWave

2007-12-14 16:00

freeBSD 4.11p8からp9へupgrade後、httpsdが起動しません

今回のSAにより、freeBSD 4.11-R p8だったマシンをp9へアップグレードしました。makeworldの後reboot後、これまでのように


# /usr/local/etc/rc.d/apache2.sh start

でapacheを起動しようとしたところ、


Starting apache2.
(48)Address already in use: make_sock: could not bind to address
 [::]:443
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs

のようなエラーが出て、apacheが立ち上がってくれません。

どなたかアドバイスいただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

良回答

えーと、OSスタートアップ時にapacheを動かしたくなくて手動で起動させたいという事なら、/etc/rc.confから、apache2_enableをコメントアウトし、apachectl startsslで起動するようにしては。

/usr/local/etc/rc.d/apache2.shはOSスタートアップ時にapache2を起動するためのものですから、rc.confでapache2_enableをYESにしとけば、当然動き出しますので。

やりたい事が解ってないので外してるかも。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]