編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

「2007年の失敗はBarcelonaただ1つ」--AMD幹部、アナリスト向け説明会で実績をアピール - (page 2)

文:Tom Krazit(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-12-14 12:23

 もちろんAMDが最初にやるべき仕事はきちんと動作するチップを出荷することだ。この点についてAMDは深く後悔しているようだが、同社はその打撃の大部分をすでに受けている。

 2008年に向けての朗報は、2008年の中ごろには順調に45ナノメートルのプロセッサを出荷できる予定だとAMDが述べていることである。つまりAMDは65ナノメートルから45ナノメートルへの切り替えという果敢な目標に向かって邁進することになる。この数字はチップの構造物の平均的な大きさを指しており、この数字が小さいほど多くのトランジスタを1枚のチップに集積できるためパフォーマンスが向上する。

 AMDはまた、2009年には「Montreal」というサーバ向け8コアチップと「Swift」というノートPC向けチップを出荷する計画であることを明かした。Swiftは、PCプロセッサとグラフィックプロセッサを統合する「Fusion」プロジェクトの成果として誕生する予定である。

 しかしAMDはいわゆる「Asset Light」戦略については一切言及しなかった。この件について同社は数カ月前から質問をかわしている。2007年になってAMDは、TSMCや現在のパートナー企業であるCharteredといったサードパーティーに対するチップ製造の外部委託を増やす計画を検討していることをほのめかしていた。しかし、製造とサプライチェーン管理担当シニアバイスプレジデントのDoug Grose氏は、AMDはその厳密な意味について話をする準備がまだできていないと述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]