レッドハットの社長兼CEOが退任へ--後任はデルタ航空の元COO

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、矢倉美登里、佐藤卓、福岡洋一、編集部 2007年12月21日 12時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
UPDATE 意表を突く展開となったが、Red Hatは米国時間12月20日、2008年1月1日付で、Matthew Szulik氏が社長および最高経営責任者(CEO)を辞任し、代わりにDelta Airlinesの元最高執行責任者(COO)であるJames Whitehurst氏に引き継がれることを明らかにした。

 Szulik氏は、Red Hatが新規株式公開(IPO)を果たした直後の1999年に、Bob Young氏からCEOを引き継いだものの、家族の健康上の問題を理由に退くことになると述べた。

 Szulik氏は取材に応じ、「ここ9カ月間、家族の健康上の問題と向き合ってきた。365日間無休で110%のコミットメントを求められるこの仕事と、問題の両立はできない」と述べた。

 今後もSzulik氏は取締役会長としては残ることになるが、今回の声明において、Szulik氏は、Whitehurst氏に関して「Red Hatの文化的な風土に合う適任の人物」であり、「Deltaでテクノロジに注力した世界的な組織を首尾よく率いた経験を持つ、非常に優秀なエグゼクティブ」であると絶賛した。

 Szulik氏は電話会議の席上で、新CEOの選考プロセスで面接した他の候補者と比較して、Whitehurst氏が「ずば抜けて優れていた」と語っている。Whitehurst氏が、若いころにはプログラマーとしての経歴もあり、現在は自宅で4つのバージョンのLinuxを用いていることも明らかにされた。

 さらに、Szulik氏は、もう少し保守的なタイプの技術エグゼクティブとも数名面接したものの、どの人物にも満足しなかったと述べている。Szulik氏は「多くの人物と面接したが、オープンソースソフトウェア開発全般やRed Hatの製品モデルへの理解に欠けていることが判明した」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化