クリスマス商戦はスパムに御注意--シマンテック、注意を呼びかけ

吉澤亨史

2007-12-21 19:50

 シマンテックは12月21日、スパムレポートのクリスマスシーズン特別号を発行した。米国では例年、11月の第4木曜日に祝われる「感謝祭」翌日の「ブラックフライデー」から、一斉に全米各地でセールが開始され、この日から年末25日までの期間を“クリスマス商戦”と呼んでいる。

 米国では39%の消費者がこの時期にオンラインショッピングを行うと予測されており、オンラインでの売り上げは260億円(2006年は210億円)に上ると推測されている。この時期はスパムが急増するシーズンでもあり、クリスマス商戦の開始当初から全送信メッセージ中のスパムの割合がすでに71%に達し、2006年12月の割合の59%を上回っている。シマンテックでは、2007年は2006年以上にスパムが急増すると予測している。

 日本でも年末商戦に向けてオンラインショッピングの使用割合が増えると予測されることから、シマンテックでは消費者がスパムから身を守るための手段を紹介している。具体的には、最新のウイルス対策、ファイアウォール、スパムフィルタを活用することを勧めている。

 また、スパムと思われるメッセージは決して開封、また返信はしないことを挙げている。メールを返信することで、スパム送信者はそのメールアドレスが有効アカウントであると認識し、さらにスパムを送りつけてくる可能性がある。さらに、怪しいメールにあるリンクは決してクリックしないよう呼びかけている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]