編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アップル、インテル「Silverthorne」を2008年に採用か--AppleInsider報道 - (page 2)

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-12-25 15:20

 しかし仮に、消費電力に対する懸念があまりに大きいがために、Appleは3G対応iPhoneのモデムの消費電力が低下するまで、同製品のリリースを延期したという話が真実であれば、279ミリワットや500ミリワットの消費電力でも、携帯電話、特にApple製の携帯電話にとってはまだ大きすぎる。しかし、以前話題になった噂の「Return of the Newton」などの強力なハンドヘルドのような製品であれば、この程度の消費電力でも十分有効だろう。しかし、IntelがSilverthorne時代の端末として過去1年間に発表してきたコンセプトデザインを考えると、Return of the Newtonは、Ultra-Mobile PC(UMPC)やソニーのPlayStation Portable(PSP)といった携帯型ゲーム機のような、携帯電話よりもはるかに大型の機器のようだ。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏とIntelのCEOであるPaul Otellini氏の緊密な関係に加え、Otellini氏が低電力設計に傾倒していることを考えれば、AppleとIntelが将来の携帯電話やモバイルコンピュータの分野で協力したとしても全く不思議はない。しかし、少なくとも、2009年まではそれはないと考えている。Intelは2009年にMoorestownと呼ばれるチップをリリースすることを計画している。このMoorestownチップの動作電力は、現在のARMアーキテクチャと同じミリワット単位になると見られている。IntelがMoorestown時代のプロジェクトとして披露した一部のコンセプト機器は、iPhoneに酷似していた。

 Appleは、iPhoneやiPod touch に搭載されるOS XオペレーティングシステムをARM命令セットで設計する必要があった。というのは、現在スマートフォン用として他に現実的な選択肢がないためだ。しかし、Appleは同社の全てのソフトウェア(iLife, iWork, GarageBandなど)をARMに移植するために必要な開発資源を調査し、それに要する時間と労力の多さにたじろいでいるかもしれない。仮に、ARMのパートナー企業が開発したチップと消費電力、性能の両面で同等、あるいはそれらよりも優れているx86チップをIntelが提供できれば、それは大変魅力的な製品であり、Intelにとって携帯電話メーカーに対する恰好の宣伝材料になるだろう。

 無論、ARMのパートナー企業もそれまでにデュアルコアチップを発売しているだろう。デュアルコアチップが開発されれば、ARMは、消費電力ではIntelと同水準を維持しつつ、性能面でIntelに対し圧倒的優位に立つことになる。しかし、(それはまだ当分先の話なので)この点について考える時間はたっぷりと残されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]