編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

F5、ファイル仮想化ソリューション「F5 Acopia ARX」の国内販売を開始

CNET Japan Staff

2007-12-17 23:49

 F5ネットワークスは12月17日、ファイル仮想化ソリューション「F5 Acopia ARXシリーズ」の国内販売を開始することを発表した。同製品は、2007年9月13日に買収が完了したAcopia Networksの製品をF5ブランドで提供するもの。税別価格で660万円より。

 F5 Acopia ARXシリーズは、企業やサービスプロバイダーにおけるファイルストレージインフラストラクチャが抱えるさまざまな問題を解決する製品。インテリジェントなファイル仮想化技術により、これまで手動で行われていたファイルストレージ管理の大部分を自動化する。

 また、クライアント要求、リソース容量、ネットワークの状態をリアルタイムにモニタリングし、ダイナミックに応答。データのマイグレーション、自動ストレージティアリング(階層化)、データレプリケーション、ダイナミックな負荷分散のオフロードなどの機能も提供する。

 これにより、効率的なファイルストレージリソースへのアクセスを可能にし、データ移行や拡張などのストレージ管理に必要とされる処理を簡略化、ストレージ導入コスト、運用コストを削減することができる。

 同製品は、デジタルテクノロジー、伊藤忠テクノソリューションズ、NTTアドバンステクノロジ、東京エレクトロン デバイス、テクマトリックス、三井情報の各社から提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]