編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「iPhone」を標的とした最初のトロイの木馬

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-01-09 11:35

 Appleの「iPhone」を狙った最初のトロイの木馬が米国時間1月5日報告されたが、これは実際の脅威というより悪ふざけに近いものだったため、既に収束している。だが、ユーザーは新しい「1.1.3 Firmware」にアップグレードする前にインストールする必要があるかのように装った「iPhone firmware 1.1.3 prep」という名前のパッケージに注意する必要がある。「重要なシステムアップデート」として送られてくるこのコードは、少々迷惑なことをしてくれる。複数の情報筋によると、このトロイの木馬がインストールされると、スクリーン上に「shoes」という言葉が表示されるという。

 このトロイの木馬はさらに「Erica's Utilities」「Launcher」「Doom」「OpenSSH」といった複数の正常なアプリケーションを上書きしてしまう。つまり、このトロイの木馬をアンインストールしても、その後これらのアプリケーションを再インストールする必要があるということだ。これは、プログラミング上の問題によるものと思われる。

 このトロイの木馬のホストサイトはすべて閉鎖されたため、現段階でiPhoneユーザーへのリスクはほとんどないものと思われる。

 アンチウイルスベンダーのF-Secureは、自社のブログで「今回のトロイの木馬は11才の子どもがXMLファイルをいじって作成したものだったが、次はより高いスキルを持った人物が特定のターゲットを狙ってくるかもしれない」と結んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]