サイト脆弱性をチェックしよう!--第8回:セッション管理における脆弱性

池田雅一(テクマトリックス) 2008年01月15日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は、情報漏えいにつながる可能性の高い脆弱性について説明した。今回は、セッション管理における脆弱性について説明していく。

推測可能なセッションID

 HTTPはステートレスなプロトコルであるため、複数の画面遷移を行うアプリケーションでは、セッション管理機能を開発者が作成する必要がある。このセッション管理機能は、以下のようにセッション識別情報(セッションID)を用いて、現在のアプリケーションの状態を把握する。

1. セッションIDは、ログインなどのタイミングでサーバ側で作成され、ブラウザに送信されます。

2. ブラウザはサーバから受け取ったセッションIDをリクエストに含めて、サーバに送信します。

3. サーバは、ブラウザから受け取ったセッションIDを元に、現在の状態を把握(セッションを維持)し、適切な処理を行います。

 したがって、セッションIDは複数の画面遷移を行うアプリケーションでは重要な機密情報となる。万が一、セッションIDを攻撃者が取得すると、ユーザーが成りすまされてしまうためだ。

 セッションIDが連番など簡単なものである場合、攻撃者は試行錯誤で現在有効なセッションIDを推測し、セッションを乗っ取ることが可能になる。

検査方法

 この脆弱性の検査方法は、大量のセッションIDを取得し、その関係を推測する必要があるため、少々大変だ。

 たとえば、セッションIDに連番やミリ秒単位の時間を基にした数値をそのまま使っていた場合は直ぐに推測がつく。しかし、これらの数値をMD5などでハッシュ化したものを使用している場合は、知識がないと、ただセッションIDを複数取得しただけでは推測できない。

 このため、一見すると連番をMD5ハッシュ化した値などは安全のように思えるが、知識があれば直ちに推測可能なので注意が必要になる。セッションID解析ツールには、WebScarabなどがあります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算