データディレクト、メインフレームのTCOを削減する「DataDirect Shadow Version 7」を発表

CNET Japan Staff

2008-01-15 20:57

 データディレクト テクノロジーズは1月15日、メインフレーム統合プラットフォームの最新リリース「DataDirect Shadow Version 7」の販売を開始することを発表した。同製品は、IBMの専用エンジンを活用することで、Webサービスオーケストレーションを実現するBPEL 2.0対応のメインフレーム統合基盤を実現。コスト削減とパフォーマンス向上を実現する。

 DataDirect Shadow Version 7は、IBMの専用エンジンである「zIIP(System z9 Integration Information Processor)」および「zAAP(System z Application Assist Processor)」の高いパフォーマンスとコスト優位性を最大限に活用できるメインフレーム統合ミドルウェア。メインフレーム統合基盤をベースにSOAおよびデータ連携のための拡張機能を提供する。

 同製品は、zIIP/zAAP専用プロセッサおよびBPEL 2.0対応機能に加え、メインフレームデータ連携向けの拡張機能も提供。高性能なクライアントドライバ群も搭載しており、32/64ビットOS対応のODBC 3.5.2ドライバ、32/64ビットJVM対応のJDBC 3.0 Type 4ドライバ、およびADO.NETデータプロバイダをサポートする。

 同製品を導入することで、DB2以外のワークロードであってもzIIPを使用して処理することが可能。これらのワークロードとは、IMS、VSAM、Adabas、IDMSへのデータクエリーのほか、Webサービスのビジネスロジックおよび画面ロジックを変換するためのSOAP/XML解析処理などを含んでいる。

 DataDirect Shadow Version 7の概要は、同社のウェブサイトで紹介されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]