マイクロソフト、特許出願の戦略を加速化

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年01月17日 13時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、かつては米国特許商標局の地味な客にすぎなかったが、近年では大口の顧客になっている。

 過去2カ月だけでMicrosoftの500件以上の特許出願が公開された(特許出願は一般に出願後18カ月たたないと公開されないため、この数字は実際には同社が2006年中ごろに積極的に出願していたことを示している)。

 しかし、最近世間の注目を集めているのはある特定の特許出願である。この特許はコンピュータが人間の心拍数、血圧、顔の表情といった要因に反応してアクションを起こせるようにする方法に関するものである。ロンドンのTimes紙は今週、このようなテクノロジは、従業員がストレスを感じていたり生産性が低下していたりすると思われる場合にそのことを雇用者に通知するといった、「ビッグブラザー」のような監視状況を生み出す可能性があるという記事を掲載した。

 しかし、この特許は上司に監視ツールを提供するためというよりも、むしろ有用かつ妥当性の高い支援システムをソフトウェアに組み込むことを目的としたものだと筆者は聞いている。もちろん、テクノロジが将来どのような方向に向かうのかは誰にも予測できないし、Microsoftの特許にもこうした用途のいずれかまたは両方が含まれている可能性がある。

 Microsoftは個々の特許出願についてはコメントしないのが普通だが、この特許に関しては知的財産・ライセンス担当バイスプレジデントであるHoracio Gutierrez氏が声明という形で若干のコメントを述べている。

 「おおざっぱに言うと、この特許出願は活動監視システムを改善することを目的とした革新技術に関するものであり、心拍数などの肉体の状態を監視することによってユーザーが活動の遂行に支援が必要であることを検知した場合には、そのユーザーを助けられる可能性のある他のユーザーに連絡を取ることによって支援を提供する」とGutierrez氏は述べている。「革新技術の事業に携わっているほとんどの企業でそうであるように、当社の特許出願にも、当社の製品に現在すでに使用されている発明品を反映したものもあれば、将来の潜在的な利用のために開発中の革新技術を反映したものもあるということを心に留めておいていただきたい」(Gutierrez氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化