編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

MIJS、企業内アプリ連携を実現する「MIJS標準規格」の第一弾を公開

CNET Japan Staff

2008-01-16 23:08

 メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(MIJSコンソーシアム)は1月16日、アプリケーション間のデータ連携を目的とした「MIJS標準規格」の第一弾を発表した。MIJS標準規格は、同コンソーシアムのウェブサイトからダウンロードできる。

 MIJS標準規格は、アプリケーション間のデータ連携を目的にデータ標準規格を策定したもの。業務で増加する「トランザクションデータ」と、基本情報が登録された「マスタデータ」の2種類のデータのうち、5つのデータ標準が規格化されている。

 今回、トランザクションデータでは「生産依頼データ」「生産実績データ」「仕訳データ」が、マスタデータでは「社員マスタ」「部門マスタ」が規格化されている。今後は、さまざまなアプリケーションで共通に利用されるデータから順次、規格化される計画となっている。

 MIJSコンソーシアムは、各社製品の相互連携を推進することを目的に、国産ソフトウェアベンダー24社が参加するコンソーシアム。2007年11月には、バーチャル検証センターを開設し、標準規格を利用した製品間連携の検証を実施する環境も実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]