フォトレポート:「スター・ウォーズ」でおなじみ、「R2-D2」の精巧なレプリカを分解

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:吉武稔夫、藤原聡美、緒方亮、長谷睦 2008年01月24日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 今回は、おもちゃとは言え、驚くほどの機能を持つロボットを分解して、中にKenny Baker氏(映画「スター・ウォーズ」シリーズで「R2-D2」の内部に入っていた俳優)が入っていないことを確かめてみよう。おもちゃメーカー、Hasbroのインタラクティブロボット「R2-D2」は、スター・ウォーズに登場するロボット、R2-D2のレプリカで、高さはおよそ16インチ(約40cm)。光沢があって精巧な仕上がりで、大きさの比較対象になるものがない写真では本物と見間違えてしまうほど、よくできている。TechRepublicでは、このロボットが実際に動いている姿を動画で紹介している。このR2-D2には、ナビゲーションセンサ(物を「見る」超音波センサ)と赤外線位置センサ(動いている人間を探知する)が搭載されている。パッケージに書かれた説明によると、R2-D2は持ち主について回り、ダース・ベイダーが何者かを知っていて、さらには声で命令して飲み物を持ってくるように訓練できるなど、さまざまな機能を備えているという。そしてもちろん、本物と同じように、機嫌を損ねるとピーピーとお決まりの電子音を出す。R2-D2のドーム型の頭部の真下には音声認識モジュールがあり、胴体部分の中心には、効果音を出すスピーカーが入っている。2本の足には頑丈な車輪が2個ずつついていて、3本目の足には大きなトラックボールがついている。トラックボールがあるなんて変だと思うかもしれないが、このおかげでR2-D2は、厚手のカーペットの上もスイスイと移動できる。(CNET Networksの姉妹サイト、TechRepublicでは「分解レポート」シリーズを連載している。さまざまなガジェットを実際に分解して、内部をのぞいてみようという企画だ。CNET News.comでは、その一部を抜粋してお届けしている)
 今回は、おもちゃとは言え、驚くほどの機能を持つロボットを分解して、中にKenny Baker氏(映画「スター・ウォーズ」シリーズで「R2-D2」の内部に入っていた俳優)が入っていないことを確かめてみよう。おもちゃメーカー、Hasbroのインタラクティブロボット「R2-D2」は、スター・ウォーズに登場するロボット、R2-D2のレプリカで、高さはおよそ16インチ(約40cm)。光沢があって精巧な仕上がりで、大きさの比較対象になるものがない写真では本物と見間違えてしまうほど、よくできている。TechRepublicでは、このロボットが実際に動いている姿を動画で紹介している。このR2-D2には、ナビゲーションセンサ(物を「見る」超音波センサ)と赤外線位置センサ(動いている人間を探知する)が搭載されている。パッケージに書かれた説明によると、R2-D2は持ち主について回り、ダース・ベイダーが何者かを知っていて、さらには声で命令して飲み物を持ってくるように訓練できるなど、さまざまな機能を備えているという。そしてもちろん、本物と同じように、機嫌を損ねるとピーピーとお決まりの電子音を出す。R2-D2のドーム型の頭部の真下には音声認識モジュールがあり、胴体部分の中心には、効果音を出すスピーカーが入っている。2本の足には頑丈な車輪が2個ずつついていて、3本目の足には大きなトラックボールがついている。トラックボールがあるなんて変だと思うかもしれないが、このおかげでR2-D2は、厚手のカーペットの上もスイスイと移動できる。(CNET Networksの姉妹サイト、TechRepublicでは「分解レポート」シリーズを連載している。さまざまなガジェットを実際に分解して、内部をのぞいてみようという企画だ。CNET News.comでは、その一部を抜粋してお届けしている)

 今回は、おもちゃとは言え、驚くほどの機能を持つロボットを分解して、中にKenny Baker氏(映画「スター・ウォーズ」シリーズで「R2-D2」の内部に入っていた俳優)が入っていないことを確かめてみよう。おもちゃメーカー、Hasbroのインタラクティブロボット「R2-D2」は、スター・ウォーズに登場するロボット、R2-D2のレプリカで、高さはおよそ16インチ(約40cm)。光沢があって精巧な仕上がりで、大きさの比較対象になるものがない写真では本物と見間違えてしまうほど、よくできている。TechRepublicでは、このロボットが実際に動いている姿を動画で紹介している。このR2-D2には、ナビゲーションセンサ(物を「見る」超音波センサ)と赤外線位置センサ(動いている人間を探知する)が搭載されている。パッケージに書かれた説明によると、R2-D2は持ち主について回り、ダース・ベイダーが何者かを知っていて、さらには声で命令して飲み物を持ってくるように訓練できるなど、さまざまな機能を備えているという。そしてもちろん、本物と同じように、機嫌を損ねるとピーピーとお決まりの電子音を出す。R2-D2のドーム型の頭部の真下には音声認識モジュールがあり、胴体部分の中心には、効果音を出すスピーカーが入っている。2本の足には頑丈な車輪が2個ずつついていて、3本目の足には大きなトラックボールがついている。トラックボールがあるなんて変だと思うかもしれないが、このおかげでR2-D2は、厚手のカーペットの上もスイスイと移動できる。(CNET Networksの姉妹サイト、TechRepublicでは「分解レポート」シリーズを連載している。さまざまなガジェットを実際に分解して、内部をのぞいてみようという企画だ。CNET News.comでは、その一部を抜粋してお届けしている)

提供:CNET Networks/John Lee

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化