編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フォトレポート:「スター・ウォーズ」でおなじみ、「R2-D2」の精巧なレプリカを分解 - 6/10

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:吉武稔夫、藤原聡美、緒方亮、長谷睦

2008-01-24 08:00

 今回は、おもちゃとは言え、驚くほどの機能を持つロボットを分解して、中にKenny Baker氏(映画「スター・ウォーズ」シリーズで「R2-D2」の内部に入っていた俳優)が入っていないことを確かめてみよう。おもちゃメーカー、Hasbroのインタラクティブロボット「R2-D2」は、スター・ウォーズに登場するロボット、R2-D2のレプリカで、高さはおよそ16インチ(約40cm)。光沢があって精巧な仕上がりで、大きさの比較対象になるものがない写真では本物と見間違えてしまうほど、よくできている。TechRepublicでは、このロボットが実際に動いている姿を動画で紹介している。このR2-D2には、ナビゲーションセンサ(物を「見る」超音波センサ)と赤外線位置センサ(動いている人間を探知する)が搭載されている。パッケージに書かれた説明によると、R2-D2は持ち主について回り、ダース・ベイダーが何者かを知っていて、さらには声で命令して飲み物を持ってくるように訓練できるなど、さまざまな機能を備えているという。そしてもちろん、本物と同じように、機嫌を損ねるとピーピーとお決まりの電子音を出す。R2-D2のドーム型の頭部の真下には音声認識モジュールがあり、胴体部分の中心には、効果音を出すスピーカーが入っている。2本の足には頑丈な車輪が2個ずつついていて、3本目の足には大きなトラックボールがついている。トラックボールがあるなんて変だと思うかもしれないが、このおかげでR2-D2は、厚手のカーペットの上もスイスイと移動できる。(CNET Networksの姉妹サイト、TechRepublicでは「分解レポート」シリーズを連載している。さまざまなガジェットを実際に分解して、内部をのぞいてみようという企画だ。CNET News.comでは、その一部を抜粋してお届けしている)
 いよいよR2-D2の頭の中をのぞく。頭部を胴体に固定しているネジは2本しかない。これは簡単に外せるが、まだ頭部が胴体から離れない。どんなに力を入れても、頭を胴体から外すことができない。Googleでざっと検索してみたところ、頭部は強力な黒い接着剤で胴体に固定されていることがわかった。つまり、分解したいのなら、ドライバーをてこ代わりに使い、部品が割れたりしないよう祈るしか手がないということだ。プラスチック部分にひびが入ることもなく、何とかR2-D2の頭部を取り外すことができた。しかし、回転台座からドーム状の部分を外す作業が残っている。この台座のおかげで頭部はほぼ360度回転できる。

 いよいよR2-D2の頭の中をのぞく。頭部を胴体に固定しているネジは2本しかない。これは簡単に外せるが、まだ頭部が胴体から離れない。どんなに力を入れても、頭を胴体から外すことができない。Googleでざっと検索してみたところ、頭部は強力な黒い接着剤で胴体に固定されていることがわかった。つまり、分解したいのなら、ドライバーをてこ代わりに使い、部品が割れたりしないよう祈るしか手がないということだ。プラスチック部分にひびが入ることもなく、何とかR2-D2の頭部を取り外すことができた。しかし、回転台座からドーム状の部分を外す作業が残っている。この台座のおかげで頭部はほぼ360度回転できる。

提供:CNET Networks/John Lee

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]