編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

その時BI市場が動いた--相次ぐ買収劇の背景は?(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト)

2008-01-24 11:47

 皆様もご存じのとおり、この1、2年の間に、BI 市場におけるプレーヤーの顔ぶれがずいぶんと変わりました。私の耳にもいろいろな情報が入ってきてはいますが、プレーヤーの1人でもある私が他社の動向に茶々を入れてもまともには受け入れられないでしょうから、各社の状況や事情には触れず、あくまで客観的に今後の全体の流れを考えてみたいと思います。

 大手プラットフォームベンダーによる大手BIツール専業ベンダーの買収が、OracleによるHyperion、SAPによるBusinessObjects、IBMによるCognosと、このわずかの期間で進んでいます。ちなみに我がマイクロソフトは事業ではなく人を手に入れる目的で買収を進めることが多いので、ProClarityなど中堅どころの買収にとどまっており、基本的には内製です。個人的にはちょっとつまらないですね、そんなドラスティックな買収劇も経験してみたいものです。

 それはさておき、これら大手BI専業ベンダーが相次いで身売りをした背景には、もはやBI「ツール」がコモディティ化している状況にあるのではないかと思っています。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]