編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

IBM、Lotusphereカンファレンスで「Lotus Mashups」を披露

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-01-24 14:25

 IBMは米国時間1月23日、恒例のLotusphereカンファレンスで「Lotus Mashups」の初期バージョンを披露した。これはプロフェッショナルのプログラマーではなくて一般のビジネスピープルが迅速にウェブアプリケーションを作成することを目的として設計されたツールだ。

 Lotus Mashupsではエンタープライズアプリケーションやウェブのデータを組み合わせる(マッシュアップする)ことができる。Lotus Mashupsはブラウザベースのビジュアルツールとあらかじめ組み込まれたウィジェットのセットを使用して情報を表示する。

cnet-image 地図作成機能と暴風雨関連情報を在庫管理システムに組み合わせたマッシュアップ(提供:IBM)

 Lotus Mashupsは2008年中ごろにリリースされる予定だ。

 IBMは企業のエンドユーザーが自分のアプリケーションを構築するのに十分な能力を持つツールを提供したいというアイデアを追求してきた。

 こうしたウェブアプリケーションは比較的シンプルであり、短期的にのみ使用されるものかもしれない。しかしIBMの幹部らはLotusのコラボレーションソフトウェア部門にとって大きなビジネスのチャンスになると述べている。

 例えば、気象情報と小売り管理システムを組み合わせたマッシュアップを構築して、予測される気象パターンに応じて在庫を調整することが可能になるかもしれない。

 IBMが2年前に似たような狙いを持つQEDWikiを導入したときには、最初はエンドユーザー主導のソフトウェア開発からスタートした。

 Lotus MashupsはIBMのEmerging Technology Groupが最初に開発したQEDWikiテクノロジを使用する予定だが、QEDWikiとは別個の商用製品になるとIBMのコラボレーション技術担当戦略ディレクターであるDoug Heintzman氏は述べる。

cnet-image ビジネスソーシャルネットワーキングと企業の組織図を組み合わせたマッシュアップ(提供:IBM)

 「われわれはマッシュアップの可能性をビジネスの領域に浸透させたいと考えている」とHeintzman氏は言う。「ウィジェットのカタログだけでなく、マッシュアップのカタログも提案していくつもりだ」(Heintzman氏)

 Heintzman氏は、将来的にはエンドユーザーが作成したアプリケーションをIT部門が分析して、それを「ハードニング(強化)」して企業内のより幅広い分野に配備することも可能になると考えているという。

 2007年のLotusphereでは、IBMはWeb 2.0スタイルのコンシューマーアプリケーションに刺激を受けたその他の製品、たとえば企業向けのソーシャルネットワーキングソフトウェアである「Lotus Connections」などを発表した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]