情報漏えい事件で学んだこと(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet)

2008-01-26 14:45

 Computerworldのジャイクマール ビジャヤン氏が、ちょうど1年前に発表された米国小売大手であるTJXの顧客情報漏えい事件から学んだ教訓について、素晴らしい要約(英語)を書いています。

  • 情報漏えいを公表することは、必ずしも収益や株価に影響するとはかぎりません・・・しかし費用はかかります。
  • PCI(Payment Card Industry)はまだ、未完成です。
  • カード決済の処理過程には問題があります。
  • 悪いやつらを捕まえるのは大変です。

 全てすばらしい要点です。二つだけ私の個人的な指摘をさせてください。ニュースを読むことは、とても役立ちます。もし、TJXのセキュリティとコンプライアンスの責任者が注意していれば、過去の事例であるLowe’s とDSWへの攻撃から手がかりを得ることができ、ひょっとしたらクレジットカード情報の漏えいによる損害は完全に避けられていたかもしれません。

全文はこちら--「脅威のカオスに立ち向かう」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]