SCSIドライブの初期化処理で、ドライブをwrite throughモードで扱うことを示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-01-25 11:00

device name: assuming drive cache: write through

対処

該当ドライブのパフォーマンスを計測し、問題があればこのドライブを検査または交換を実施する。問題がなければ、特に対処は必要ない。なお、USB接続ディスクなどの認識時には、普通に表示されるメッセージである。

説明

SCSIドライブの初期化処理において、ドライブのキャッシュ情報の取得に失敗したため、このドライブをwrite throughモードで扱う。パフォーマンスが低下する可能性がある。

write through:

ディスクキャッシュ操作モードの一つ。書き込み時に、キャッシュに書き込むと同時にディスクにも書き戻し、完了するまで待つ方式を write through と呼ぶ。一方、キャッシュに書き込んだ瞬間に制御を戻し、ディスクへの書き戻しは後ほど非同期に行う方式を write back と呼ぶ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]