ATA/ATAPTとSATAの違い、転送速度はどのように異なるのか

OKWave 2008年01月28日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ATA/ATAPIとSATAの違い

使用中のPC(DELL製デスクトップ)はデバイスマネージャーで調べると、HDD,光学ドライブはインターフェースはATA/ATAPIになっています。
市販の内蔵式ドライブにはSATA方式もあります。
これらの違い(メーカーによって使い分けているのか)、転送速度はどのように異なるのですか。
なお外付けHDDにeSATAも使っていますが、PCIバス挿入ボードを別途使用しています。

良回答

実際はSATAもATA全体の規格の内なんです。
比較するならパラレルATAとシリアルATAって事になります。

従来のパラレルATAは最大でもおよそ1Gbit/sec
シリアルATAは最近では3Gbit/secの物が多くなるほどでかなりの差が出ます。

パラレルATAは動作原理上これ以上の速度を出そうとすると製造困難・コスト高が致命的なので、今後の速度増はシリアルATAの方になるでしょう。

あと副次的に、ケーブルが細いので組み立てが楽・本体内部の空気が良く通るので冷却に有利・ケーブルのコストも安いという利点もあります。

実際はHDDの速度自体がそこまで速くはないのですが、HDDを並列で動作させるRAIDで高速化させた場合にはSATAの恩恵をはっきりと受ける事になります。

あとそういった高速デバイスを使用していると、PCI拡張バス自体の転送速度が限界に近くなります。
eSATAのHDDを一台くらいなら(最大でもHDD1台分の速度でしかないから)問題ないでしょうが、eSATAでRAID組んで…となるとPCI-ExpressにしないとPCI自体がボトルネックになってしまう事も考慮した方がいいでしょう。

回答

ATA/ATAPIとSATAの違いは旧規格、新規格の違いで使い分ける理由としては、規格の新しい物のほうがドライブ自体の価格も上がりますので価格と性能のコストパフォーマンス次第と言ったところだと思います。

HDDに関しては、SATA規格の物が比較的安価になってきているので主流になってきています。
光学ドライブに関しては、低価格PCであれば、DVDの書込みが出来ればスピードにこだわらないと言うユーザーが多いと思いますので価格がこなれていて、そこそこ性能のあるATA/ATAPIの物。

ハイエンドクラスの物は性能重視で高速な転送が可能なSATA仕様の物を採用していると思います。

転送速度はUDMA6(ATA)が133.3MB/sでeSATAが307.2MB/s(2.4Gbit/s)になっています。

詳細は参考URLを御覧下さい。
ATA(Advanced Technology Attachment)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Advanced_Technology_Attachment

シリアルATA(SATA)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%ABATA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化