編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その36:エンジン5 - (page 4)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー)

2008-01-31 08:00

 つまり、オーナーだとバイクが認識すると、バイクには物理力が働き、重力が作用し、地面に落ちることになる。空中に浮いているバイクに乗った場合に、バイクが落ちるのはこの関数の働きによる。

 「llSeStatus」によって、オブジェクトの属性を他にも変えることができるようになる。

 次に、日本語版LSL Wikiで下図のように定義されている「llRequestPermissions」によって、赤枠部分のパーミッションがアバターに対して投げかけられる。そして、「PERMISSION_TRIGGER_ANIMATION」によって「llTakeControls()」が許可され、「PERMISSION_TAKE_CONTROLS」によって、「llStartAnimation()」の使用が許可される。

「llRequestPermissions」 ※クリックすると図全体が見られます

(B)「if (change & CHANGED_LINK)」が偽(FALSE)の場合〜オブジェクトから降りた(立った)時〜

 それでは、オブジェクトから「立ち上がった」場合にはどうなるだろうか。「if (change & CHANGED_LINK)」が偽(FALSE)となるので、下図の処理が実行される。

「if (change & CHANGED_LINK)」が偽(FALSE)の場合

 つまり、先ほどのオーナーであると認識した場合とは反対の処理が行われる。物理モードが解除され、コントロールを不能にして、アニメーションも解除させる。

 こうして、「chenged()」内では乗ろうとした時に、プリムの総数を数え、オーナー判別をし、最後に物理モードをONする。そして、全体のバイクコントロールを可能にし、バイクに乗ったアニメーションを作動させている。

 全体として見れば、そんなに難しい処理ではないが、今回は始めて「chenged()」イベントの内容と「if〜else」構文を勉強した。

 Aの場合、Bの場合、そしてAの①の場合、Aの②の場合などと、条件の結果が真(TRUE)か偽(FALSE)の場合分けによって処理を変えた。

 次回は、「run_time_permissions ()」イベント、そして、「control ()」イベントを攻略しよう。それでは、次回もお楽しみに

大槻透世二氏
大槻透世二サイバーアドベンチャー(株)
代表取締役社長/CEO

デジタルハリウッド大学院
次世代インターフェース研究室 研究員
Second Life研究室 研究員/プロデューサー
Linden社推薦 Second Lifeセミナー講師

東北大学心理学専攻卒業。1年間のLA留学を経て、ソリッドレイ研究所でバーチャルリアリティのシステムインテグレーション、立体映像システム構築、HMDシステム構築などを経験。IT系コンサルティング会社を経て、デジタルハリウッド大学大学院コンテンツマネジメント修士課程修了(MCA)。その後、Linden Lab本社にてSecond Lifeカリキュラムのトレーニングを受ける。現在デジタルハリウッドにて「Second Life」セミナーを開催。また、バーチャルリアリティ、メタバース関連のシステム開発/プロデュースを行うサイバーアドベンチャー(株)を設立し、そのCEO職に就いている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]