編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ジャーナルファイルシステムのコミット処理で致命的な不具合が検知されたというメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-02-01 13:00

Assertion failure in journal_commit_transaction() at fs/jbd/commit.c:138: journal->j_running_transaction != NULL

対処

本メッセージ表示後、カーネルはpanicするため、システムを再起動する必要がある。

この問題は、カーネルのバグに起因する可能性が高い。特にカーネルのバージョン変更後に現象が発生している場合は、実績あるバージョンヘ戻すことが推奨される。また、前後のメッセージや発生した状況などとともにサポート契約先に報告することも検討すべきである。

説明

ジャーナルファイルシステム(EXT3(third extended file system) など)のコミット処理(トランザクション実行に伴うファイルシステムの更新データをメモリ上のバッファからディスク上のジャーナル領域に書き出す処理)において、以下のような致命的な不具合が検知された。このままの状態でシステムを動作させる事は危険なため、カーネルはpanicする。

カーネルが使用するジャーナル処理用の管理テーブルに、実行中のトランザクションを示す管理データがリンクされていない。

なお、ここで述べるトランザクションとは、ジャーナルファイルシステムへの操作(ファイルの作成、削除、追加など)に対して作成される不可分なデータ更新の処理単位である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]