編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

MSチーフソフトウェアアーキテクトのOzzie氏、やはり「Mix ‘08」で講演

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-02-01 22:18

 Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクトを務めるRay Ozzie氏は結局、「Microsoft Mix ‘08」カンファレンスで講演する予定である。

 Microsoftが昨年初めてMixカンファレンスの基調講演者のラインナップを発表した際には、驚くべきことに、 Ozzie氏の名が講演者リストのどこにも見あたらなかった。筆者が「驚くべきことに」というのは、MixはMicrosoftにとって今年最大のWeb 2.0ショーケースであるためだ。(そしてOzzie氏は、MicrosoftをWeb 2.0の世界に導くことに携わっている人物である。)

 しかしLiveSide.netが発見したとおり、Ozzie氏はこのMicrosoftのカンファレンス開催中に、ジェネラルマネージャーを務めるScott Guthrie氏とともにステージに登場する予定となった。Mix ‘08は、米国時間3月5〜7日にラスベガスで開催される。

 MicrosoftのVisitMixブログによると:

 「Ray氏はMicrosoftが世界クラスのウェブ技術やツールを提供するためのプラットフォーム全体に引き続き投資することについて話す予定である。「Silverlight」「IE」そしてその他多くを分かち合うことについて、かなり沸き立っている。」

 Ozzie氏が典型的に講演しそうなのは、いつもの大局的な「Software+Services」戦略であるが、それ以外にも同氏が話せる内容は色々とある。Microsoftが「FeedSync」(Ozzie氏が支援する「Simple Sharing Extensions」を改称したもの)技術で具体的に何をするつもりなのかについて、説明する良い機会であるようにみえる。あるいはもしかしたらOzzie氏は、いまだ未発表のMicrosoftのサービスまたは技術「Horizon」にもう少し光を当てるかもしれない。これは「Windows Live Core」の一部を成すかもしれない。

 読者は今年のMixではOzzie氏から何の話を聞きたいか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]