フォトレポート:両肩に夢を背負って--Thunderbolt製ジェットパックで空を飛ぶ - 11/11

CNET News.com Staff

2008-02-07 16:11

 Thunderbolt Aerosystemsが開発した「Thunderpack model TP-R2G2」は、子どもの頃に空想したSF世界のロケットパワージェットパックを最も身近に手に入れることができるかもしれない。現時点での飛行時間は75秒が限界だ。しかし、開発者はさらなる研究開発によって、森林火災の対応や通勤などの解決策になることを期待している。前モデルのR1G2は災害緊急救助用としてある企業に販売したという。最新モデルであるTP-R2G2は、約10万ドルで2008年夏から発売される。
 着陸に成功した様子。Thunderpackで、人々が街中で飛び回る(もしくは、Google本社内を移動する手段の1つとしてスクーターに取って代わる)日が間もなくやって来るのだろうか?しかし、都心近郊には多くの行政規制があるため実現困難だろう。ただ、滞空時間の延長が可能になれば、災害救助や緊急救助の場面で活躍することができるかもしれない。

 着陸に成功した様子。Thunderpackで、人々が街中で飛び回る(もしくは、Google本社内を移動する手段の1つとしてスクーターに取って代わる)日が間もなくやって来るのだろうか?しかし、都心近郊には多くの行政規制があるため実現困難だろう。ただ、滞空時間の延長が可能になれば、災害救助や緊急救助の場面で活躍することができるかもしれない。

提供:Thunderbolt Aerosystems

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]