散らばるNotes・サイボウズを統合:巨大複合企業大日本印刷の新ポータル

後藤大地(オングス) 2008年02月05日 10時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”製造業”を手がける大日本印刷株式会社

 大日本印刷株式会社(DNP)は印刷技術をベースに、さまざまな”製造業務”をも手がける企業だ。

 印刷技術といっても背後にある技術はデジタル技術、雑誌や書籍といった典型的な印刷業務から、包装、内装、精密機器、情報記録など、製造技術を核として業務を展開している。それぞれの業務分野で調査・分析、企画、制作、技術開発、工程管理、データ管理などに取り組んでいる。

吉田幸司氏 吉田幸司氏

 印刷業界は変化の時代を迎えている。情報媒体はオンラインメディアへ移行しつつあり、今後どうやって事業を展開していくのか、検討すべき時にきているわけだ。DNPはこうした状況に対し、今後、「創発的」な企業に変わっていく必要があると考えるという。

 組織的にはピラミッド型の階層構造から、個々の社員がフラットなポジションから相互に関連をもって情報を流通させる構造へ変化させ、創発がスパイラル的に成長していく仕組みを確立させる。そういった創発構造から効果的、効率的な企業活動へ結びつけていこうというわけだ。

 創発的企業へと変わろうとしているDNP──その情報基盤について、大日本印刷 情報システム本部 吉田幸司氏に話を聞いた。

創発的スパイラルを実現するために、BEA ALUIを採用した新システムへ

 創発性を実現し、多様性を保持したまま企業活動を展開していくには、まずバックボーンとなる理念や文脈を効率的に共有し、徹底的に普及させていく必要があるという。核となる理念や文脈を徹底的に共有したうえで、さらに多様性を維持する。こうすることで迅速に変化する社会要求に対応しつつ、企業としての一貫性を保持できるというわけだ。

 DNPやグループ企業ではJavaで一から開発したポータルシステム「DNPweb」や、各事業部で独自開発したポータルシステムを活用していた。しかし、理念や文脈を共有したり横断的なコミュニケーションを実現するには、既存の分散したシステムでは対応できなくなっており、要求に対するシステム変更にも限界がきていたという。

自社開発した旧ポータル「DNPweb」 自社開発した旧ポータル「DNPweb」

 こうした状況を踏まえ、DNPはBEA AquaLogic User Interactionを採用し、全社統一の新ポータルシステムを開発。2006年10月に正式リリースした。

 新ポータルのキラーアプリケーションは、Webメール、eラーニング、電子会議室、スケジューラ、電子掲示板だ。これ以外にもグループウェア、電子電話帳、人事系システム、経理系システムなどのアプリケーションが統合されている。新システムに対するユーザからの反応は上々のようだ。

 DNPは、まずは認証系だけでも開発したポータルシステムに移行させ、その後、徐々に他の事業所や部署のシステムを統一していくという。2008年第2四半期ごろまでに部門ポータルを統合し、2010年第2四半期までに業務ポータルの統合を目指している。

iGoogle風のポータルシステムで社内のコミュニケーションを促進

 新しいポータルシステムには、グループ企業も含めて3万5000人分のアカウントを用意してある。アクティブに使っているのはそのうちの1万人ほどだという。

 従業員は年齢の点でも、ITスキルの点でもばらばらの状況であるため、レベル設定がかなり難しかったそうだが、中級者のなかでもちょっとスキルの高いユーザを対象にシステムを設計した。スキルの高い層をターゲットとして開発した背景には、ITを推進していこうとしている企業の内部で低いスキルに合わせるわけにはいかないという理由があったからだ。

 新しいポータルのトップページは、iGoogleのようにカスタマイズできる。ただし、経営層のメッセージや決算情報などは、最も目立つ場所で必ず表示されるように設計されている。この部分が理念や文脈を徹底的に共有させていく要となる。

経営層からのメッセージなど、全社で共有すべき理念などが最も目立つ場所に配置された新ポータル 経営層からのメッセージなど、全社で共有すべき理念などが最も目立つ場所に配置された新ポータル

 また、ポータル内のオンラインコミュニティが1000以上もあるという。業務範囲がきわめて多岐にわたるため、フォーラムの利用に対して厳しい規約は設けていない。仕事に関することだとユーザが考えるならば、フォーラムを活用して良いといったルールだけが定められている。業務用Q&Aも用意されており、最も活発なコミュニティは月に2、3万ほどのアクセスがあるという。

 ポータルシステムには社員ごとにプロフィールページが用意されており、将来的にはブログシステムやコラボレーションツールとの統合を進めていく計画になっている。拡張計画においても、BEA AquaLogic Pages、BEA AquaLogic Ensemble、BEA AquaLogic Pathwaysといったように、BEAプロダクトの採用が計画されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化