マイクロソフトと米ヤフーに大きく立ちはだかる企業文化の違い - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-02-04 17:31

 さらに、MicrosoftとYahooが手掛けている事業の多くは、合併による規模の拡大の恩恵を受けることは明らかだ。この点はJohnson氏もインタビューや金融アナリストたちとの電話会議でたびたび指摘している。両社はすでに相互運用可能なインスタントメッセージングを持っているが、単一製品の方がより魅力的であることは間違いない。両社が合併すれば、検索、広告サービス、コンテンツの各分野で、Googleにとってより強力なライバルとなるだろう。

 さらに、地理的にも両社は異なる地域を得意とする傾向がある。例えば、Microsoftは欧州を得意としているが、Yahooはあまり得意ではない。また米国では、両社のメール製品はそれぞれ異なるユーザー層に人気がある。Yahoo Mailは、若くてコンピュータに精通しているユーザーに人気がある一方、Windows Live Hotmailはコンピュータに詳しくない人向けのメールサービスとして根強い支持を受けている。

 しかし、合併会社が存続させる技術を選択するたびに勝者と敗者を生み、社員同士が互いに敵意を募らせる可能性がある。そこでMicrosoftは即座に、両社の社員で構成されるチームがさまざまな決断を下す必要があると述べたが、同時に、同社はすでに重要なプランニング作業を行ったとの強い印象を与えた。

 Microsoftはあまり手の内を明かさなかったが、同社の複数の幹部が電話会議の中で、オペレーティングシステム(OS)のより多くの機能がオンラインに移行している中、Windows Liveは重要なブランドだ、と語った。またOffice Liveも同様の理由で重要だ。さらにMicrosoftはYahooブランドも称賛した。

 Johnson氏はインタビューの中で、「Yahooブランドは強力なブランドであると認識している」と述べ、電話会議の中で行ったコメントを繰り返した。ただ、注目すべきは、MSNがそのようなお墨付きを得ていない点だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]