編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

米ヤフーのIMにActiveXの脆弱性--研究者らが警告

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-02-05 11:15

 FacebookやMySpaceの画像アップロードツールにActiveXの脆弱性が見つかったばかりだが、これにつづきYahoo Instant MessengerとYahoo Messengerにも同じ脆弱性が見つかっている。研究者らが米国時間2月4日に警告を発した。

 米Yahooが提供するmediagrid.dll 2.2.2 56に存在する境界エラーの脆弱性を報告したのは研究者のElazar Broad氏。Broad氏はKrystian Kloskowski氏とともに、Yahooのdatagrid.dll 2.2.2 56に存在する2つめの脆弱性についても報告している。さらに、Kloskowski氏はdatagrid.dll 2.2.2 56に存在し、AddImage機能に影響するバッファオーバーフローを明らかにしている。

 脆弱性は3つとも、Yahoo Instant Messengerのバージョン3.5、Yahoo Messengerのバージョン4.0、5.0、5.5に存在し、攻撃の脅威にさらされている。

 現段階では、これらの脆弱性を悪用するエクスプロイトコードは出回っていない。また、脆弱性を修正するパッチも用意されていない。

 ActiveXコントロールを必要の都度有効化することで脆弱性を回避できる。Microsoftはこちらでより詳細な情報を提供している。

 問題のActiveXコントロールのクラス識別子 (CLSID) はYahoo MediaGridが「CLSID 22FD7C0A-850C-4A53-9821-0B0915C96139」、Yahoo DataGridが「CLSID 5F810AFC-BB5F-4416-BE63-E01DD117BD6C2」。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]