編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マイクロソフト、Windows Server 2008日本語版の開発を完了

CNET Japan Staff

2008-02-05 16:41

 マイクロソフトは2月4日(米国時間)、次期サーバOS「Microsoft Windows Server 2008」日本語版の開発が完了したと発表した。

 日本時間の2月5日より、MSDNおよびTechNetの会員向けにダウンロードよる提供を開始する。ボリュームライセンスでの発売は3月1日から。パッケージ製品およびWindows Server 2008搭載サーバ製品の発売開始日は未定。

 Windows Server 2008は、仮想化プラットフォームを提供する「Hyper-V」テクノロジや、Internet Information Services 7.0(IIS 7.0)、PCの検疫テクノロジを提供するネットワークアクセス保護機能(Network Access Protection、通称NAP)およびサーバ管理機能を提供する「Server Core」、「Windows PowerShell」、「Server Manager」などの新機能を搭載する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]