欧州がスパム発信量でトップにーSymantec調査

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年02月06日 17時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantecは2月のスパムメールの状況に関するレポートを発表し、欧州がスパム世界の中心になったことが明らかになった。

 Symantecはこのレポートで次のように述べている。

 現在では、欧州から発信されたとされるスパムメッセージの割合は、北米から発信されるスパムメッセージよりもかなり大きい。すべてのスパムメールの約44%が欧州から発信されたとされており、これに対し北米から発信されているものは35.1%だ。この新傾向は2007年11月以来の過去3ヶ月間に起こり、維持されているものだ。Symantecが初めて2007年8月にのデータを記録し始めた時には、スパムの30.6%が欧州からのもので、46%が北米からのものだった。

 ただし、スパム送信者は実際の場所を偽ろうとするため、欧州は単なる便利な経由点に過ぎないかもしれない。Symantecはまた、欧州のスパムの大きな増大が、ブロードバンド接続人口に合致する点に留意している。

 このレポートのその他の注目すべき項目は次のようなものだ。

  • カテゴリー別のスパムの割合。
  • カテゴリー別のスパムの割合のグラフ:製品情報の28%、インターネット関連の23%が最も多い

  • スパムには季節性があるため、バレンタインデー関連スパムと米国税庁関連スパムに注意すべき。
  • スパムメッセージの64%はサイズが2Kバイトから5Kバイトのもの。画像を含むスパムは10Kバイトから50Kバイトで、これは電子メールインフラの輻輳につながる場合がある。2008年1月には、画像を添付ファイルとして含むスパムの割合はスパム全体の8%以下だった。
  • スパム送信者は攻撃にGoogleの悪用し続けている。Symantecは次のように書いている。「今月、Symantecはスパムドメインが検索文字列に組み込まれている例を観測し始めている。スパムメールに掲載されているURLは検索文字列のように見えるが、クリックすると検索結果は表示されず、そのURLの末尾に記述されているスパムドメインが表示される。」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算