欧州のスパム発信、3カ月連続で米国を上回る--シマンテック調べ

文:Tom Espiner(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月07日 13時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティベンダーのSymantecによると、欧州のスパムネットワークは、3カ月連続で米国のスパムネットワークよりも多くのスパムメールを発信しているという。

 Symantecは、これをスパムトレンドにおける「重大な転換」であるととらえている。これまで、米国のコンピュータがスパム送信に悪用され、多くのスパム送信者は米国に拠点を置いていた。

 Symantecの欧州製品マーケティング担当マネージャーの1人であるFredrik Sjostedt氏は米国時間2月5日にZDNet UKに対し、拡大する欧州のブロードバンド市場をスパム送信者が利用していることをSymantecでは疑っていると述べた。

 「欧州でのブロードバンドの浸透は驚異的だ。欧州はいまや、スパム送信で米国を明らかに上回っている」(Sjostedt氏)

 またSymantecは、現在、多くのスパム送信者が欧州に拠点を置いていると考えている。Sjostedt氏は、「スパム送信者の大部分がこれまで米国を拠点としていた。しかし、このところ東欧やロシアのスパム送信者が活動的であることが分かっている。スパム送信者は狙いを定めるためにより近い場所を使用する傾向にある」と述べる。

 ブロードバンドの普及率が高まることは、悪用されたコンピュータがより早くスパムを送信可能になることを意味し、その一方でスパム送信者はますます組織的になり始めている、とSjostedt氏は述べた。

 「これまでの個別のスパム送信者から、スパム送信者やマルウェア作成者、ボットネットへのアクセスを販売する者などによる漠然と結ばれたグループへと移ってきた」(Sjostedt氏)

 Sjostedt氏は、スパムを送信する最大級のボットネットはStorm Wormによって構築されたと述べる。Stormは、頻繁に位置を変える「速く流動的な」コマンドおよびコントロールサーバを含む高度な攻撃メカニズムと防衛メカニズムを備えた悪用されたコンピュータのネットワークである。

 「Stormは最も普及している(スパム)送信方法である」とSjostedt氏は述べた。同氏はまた、多くのスパムリレーは欧州で発生しているが、ボットネットは世界的な現象であると指摘した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算