詐欺的なセキュリティソフト2種がランクイン--ウェブルートがトップ10発表

吉澤亨史

2008-02-12 15:07

 ウェブルートは2月8日、2008年1月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表した。このランキングは、同社のスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して収集された最新のスパイウェア情報を紹介するもの。同社が分類するスパイウェアのカテゴリから、「アドウェア」「トロイの木馬」の2つのカテゴリにおけるトップ10を集計している。

 トロイの木馬については、最近では信頼性が高いと思われる企業や自治体のサイトにおいても、感染の危険が出てきている。昨年下半期には、国内の7つの企業および自治体が、ウェブ上にトロイの木馬の感染を誘引する罠を仕掛けられたことにより、訪問したユーザーへ感染の危険があることや、お詫びの告知を行っている。

 アドウェアのランキングでは、1位がユーザーの同意なしにインストールされ、Windowsのスタートアップに登録されるシステムメンテナンス・セキュリティアプリケーションである「System Doctor 2006」、2位がコンピュータ上に広告を表示するアドウェアプログラムである「Virtumonde」、3位も同様のアドウェアプログラム「TrafficSolution」となった。

 アドウェアでは、ランキングの1位から6位、9位、10位が前月圏外からのランクインとなっており、そのほとんどの危険度が「非常に高い」あるいは「やや高い」となっている。

 トロイの木馬のランキングでは、1位がコンピュータ上に他の脅威をダウンロードするダウンローダである「Trojan-Downloader-Zlob」、2位がユーザの気付かないうちに許可なくウェブサイトへのアクセスを許すトロイの木馬である「Trojan Hachilem」、3位が金融関連のアカウントにアクセスするためにユーザー名やパスワードのような個人情報を盗み出すトロイの木馬である「Trojan-Phisher-Bzub」となった。

 トロイの木馬では、10位までのうち6つが前月圏外からのランクインであり、また1位から5位までを含む6つの危険度が「非常に高い」となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]