auditサービスのAF_NETLINKソケットを初期化するというメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-02-13 15:00

audit: initializing netlink socket (enabled|disabled)

対処

通知メッセージのため該当せず。

説明

auditサービスのAF_NETLINKソケットを初期化する。

このメッセージは、ブート時行うauditサービスの初期化の際に、auditサービスが使用するAF_NETLINKソケットをオープンする前に出力する。当該ソケットのオープンに失敗した場合、以下のメッセージを出力する。


cannot initialize netlink socket
このメッセージの出力の有無によって、auditサービスのセットアップが成功したか否かを確認できる。

メッセージテキスト中のenable|disable表示は、ブートパラメタauditで指定したauditサービスの無効/有効の状態を表す。auditパラメタを省略した場合、disableと表示される。この状態は、本メッセージ出力後出力される以下のメッセージの表示によって確認できる。


audit: enabled|disabled ・・・

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]