編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ティブコ、SOAを簡素化する「ActiveMatrix 2.0」発表--50%の生産性向上とTCO削減

CNET Japan Staff

2008-02-13 01:18

 TIBCO Softwareは2月11日、異種環境におけるSOAを効率よく管理できる新製品「TIBCO ActiveMatrix 2.0」の提供を開始した。同製品は、SOA統合、複合アプリケーション開発、および単一プラットフォーム下でのガバナンスを可能にする拡張機能を搭載。従来手法に比べ、最大50%の生産性向上および所有コスト削減を実現できる。

 TIBCO ActiveMatrix 2.0は、「TIBCO ActiveMatrix Service Grid」「TIBCO ActiveMatrix Policy Manager」「ActiveMatrix BusinessWorks」「ActiveMatrix Service Bus」で構成されるスイート製品。

 サービスの開発、導入、管理に関わる技術的コーディングの代わりに、ビジネス分析者、設計者、開発者および管理者がアプリケーション開発を簡素化できる共通の環境を提供。ガバナンスおよび管理機能により、アプリケーションの容易な導入、サービス変更を必要としないポリシー適用、アプリケーションを継続的に稼動するためのロードバランスや耐障害性などの機能を単一のコンソールで実行できる。

 同製品は、単体で購入できるほか、「TIBCO SOA スターター・バンドル」「TIBCO インテグレーション・バンドル」「TIBCO コンポジット・アプリケーション・バンドル」の3つのパッケージで提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]