編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その37:エンジン6 - (page 3)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー)

2008-02-14 08:00

 しかし、それには条件がある。その際に前のイベントである「changed ()」イベント内の「PERMISSION_TRIGGER_ANIMATION」と「PERMISSION_TAKE_CONTROLS」が実行されることによって、下図のように「llStartAnimation()」と「llTakeControls()」が使用可能になる(「llRequestPermissions」「PERMISSION_TRIGGER_ANIMATION」「PERMISSION_TAKE_CONTROLS」については第36回を参照)。

※クリックすると図全体が見られます

「組み込み」(ビルトイン)アニメーション

「llStartAnimation()」

 さて、最初に「llStartAnimation()」という関数を見ようと思う。いつものように、LSL Portalを参照しよう。

「llStartAnimation()」 ※クリックすると図全体が見られます

 上図の「(string anim)」部分に現在、「("motorcycle_sit")」が入っている。ここにはデータとしてストリング型、つまり、文字列が入るので、形式としては問題ない。しかし、実は、「anim」は「an item in inventory(インベントリー内アイテム)」と定義されている(上図赤枠内)。つまり、プリム内のインベントリーに入っているアイテムを参照するよう決められている。

 しかし、実際には下図左のように、このプリム内のインベントリーである「コンテンツ」には現在、スクリプトファイルしか入っていない。本来であれば、下図右のようにアニメーションファイルを「プリム内コンテンツフォルダ」に入れる必要がある。

「プリム内コンテンツフォルダ」

 実は、このアニメーションは、「組み込み」(ビルトイン)されているために、わざわざ「プリム内コンテンツフォルダ」内に入れる必要がないのである(「組み込み」の意味については第23回を参照)。

 このようにユーザーがわざわざ作って入れておかなくてもいいよう、Linden Lab側でアニメーションまで用意してくれているのだ。LSL Portalを参照すると、下図のように、多くのアニメーションが既に組み込まれているのがわかる。

「組み込み」アニメーション ※クリックすると図全体が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]