編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

もっとも影響力を持つセキュリティ専門家は誰か

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-02-15 08:52

 Ryan Naraineが、セキュリティ分野でもっとも影響力を持つ人たちのリストを作成している。

 以下がそのスライドショーにまとめられているリストだ。このスライドショーはあまりにも早送りになっていて、2枚のスライドを見たところでトイレに行ったら、戻ってきた時にはすでに終わってしまっていた(どうしても行く必要があったのだ)。

  1. Tavis Ormandy氏、Googleセキュリティチーム
  2. Ivan Krstic氏、One Laptop Per Child
  3. Chris Paget氏、IOActive(実際には同氏は今Googleにいる)
  4. Bunnie Huang氏、Bunnie Studios
  5. Michal Zalewski氏、Google
  6. Window Snyder氏、Mozilla
  7. MOABのハッカーたち
  8. Dino Dai Zovi氏
  9. Michael Howard氏、Microsoft
  10. HD Moore氏、Metasploit
  11. Dave Aitel氏、Immunity
  12. Bronwen Matthews氏、Microsoft
  13. John Pescatore氏、Gartner
  14. Rob Thomas氏およびTeam Cymru
  15. Stefan Esser氏、Hardened PHP Project

いくつかのポイントを挙げておく。

  • このリストにはGoogleが多すぎる。
  • 私なら、単純に影響されている人数の大きさを考えて、KristicとHowardの順序を逆にする。
  • また、私ならひょっとすると、MetasploitとMOABの人たちをもっと上に上げる。
* The list is Google heavy. * I’d flip Krstic and Howard just based on sheer number of people affected. * And perhaps I’d bump up Metasploit and the MOAB gang.

 ご意見は?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]