Open-Xchange、米国市場での拡大を目指す

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月15日 12時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Open-Xchangeは、ライバルZimbraが2007年に米Yahooに買収されたことを米国市場に取り組むチャンスにしようとしている。自らのオープンソースベースの電子メール、カレンダーなどコラボレーションサーバを売り込む狙いだ。

 「いまが絶好のチャンスだ。顧客を吸い取る『電気掃除機』ができた。吸い取りがはじまった」と1月にOpen-Xchangeの最高経営責任者(CEO)に就任したRafael Laguna氏は述べる。「Yahooはソフトウェア企業ではない。Microsoftが(Yahooを買収しようと)動きを見せており、これはZimbraの終焉を意味すると見ている」(Laguna氏)

 Open-Xchangeは2007年、売り上げが250万ドルにとどまり、業績は思わしくなかった。同社が競争激しい「コラボレーション」市場に進出するのに苦戦していることを考えると、Laguna氏の言葉は強気のコメントといえる。だがLaguna氏は、Open-Xchangeの戦略を強化するほかの計画も披露した。

 Open-Xchangeは現地時間2月14日、GNU General Public License(GPL)の下でオープンソースとして提供する自社ソフトウェアをリリースする計画だ。これまでプロプライエタリだったインストールツールや管理ツールを提供する。

 2つの非オープンソースコンポーネント、つまり「Microsoft Outlook」とOpen-Xchangeサーバを接続するためのコネクタ、このサーバ製品にウェブベースでアクセスするためのAjaxべースのユーザーインターフェースも1〜2年の間にオープンソースになるとLaguna氏は述べる。

 また、同社は2008年前半にEclipse Foundationに参加する計画も明らかにした。これにより、OSGI(以前は「Open Services Gateway Initiative」を意味していた)ツールを活用してソフトウェアコンポーネントを統合する。「Eclipse Public Licenseの下でサーバのコードをデュアルライセンスにする」とLaguna氏は述べている。

 Laguna氏は、米国のプログラマーやそのほかのスタッフを雇用し、同社の従業員数(現在40人)を増強することを計画している。「マーケティング、マネジメント、グローバルセールス、ユーザーインターフェースユーザビリティに関する人材を雇い入れる予定だ」(Laguna氏)

 Open-Xchangeはこうした増強計画を加速するため新たな資金調達を開始する可能性がある。

 同社の現在の主なセールスアプローチは、インターネットホスティング企業と提携することである。これにより、提携企業は、インターネットドメインを登録しているユーザーにOpen-Xchangeのソフトウェアを追加のサブスクリプションサービスとして提供可能になる。Lagunaによると、現時点での最大の提携先である1&1 Internetは2008年前半に、提携を米国まで拡大する計画だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算