サイレックスのIPv6-IPv4コンバータが「IPv6 Ready Logo Phase2」を取得

田中好伸(編集部)

2008-02-18 13:05

 サイレックス・テクノロジーは2月18日、同社のIPv6-IPv4コンバータ「SX-2600CV」が「Bump In the Stack」に対応した製品で世界で初めて「IPv6 Ready Logo Phase2」を取得したことを発表した。

 SX-2600CVは、IPv4のみに対応したネットワーク機器をIPv6環境でも利用可能にするもので、Bump In the Stackとは、IPv4とIPv6を相互にプロトコル変換するための技術を指している。この技術を利用することで、ホストが既存のIPv4のみに対応したアプリケーションをそのまま利用して、IPv6対応ホストとの通信が可能になる。

 IPv6 Ready Logoは、適合製品間での通信をIPv6 Ready Logo Committeeが認定するものであり、今回のPhase2は、高度で実際のネットワーク環境での使用に耐えうる機能を搭載しているという意味あいを持っている。

 SX-2600CVを現在利用しているユーザー企業で旧版のファームウェア(1.0.x〜1.1.x)の場合は、サイレックスのウェブサイトから対応版ファームウェア(1.2.x〜)をダウンロードすることで、IPv6 Ready Logo Phase2対応にすることが可能になっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]