編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MSとファストのM&A、新会社は「Microfast」!?--買収提案の裏話を明かすMS

藤本京子(編集部)

2008-02-20 09:07

 Microsoftが1月8日にFast Search & Transferの買収提案を発表してから1カ月半が過ぎた。この買収提案は、Microsoftにとってどのような意味があるのだろうか。MicrosoftでOffice SharePoint Server部門のグループ製品マネージャーを務めるJared Spataro氏が、Fast主催のイベント「FASTforward '08」にて、今回の買収の意義とその裏話を語った。

 Spataro氏は、買収提案に至るまでのMicrosoftのエンタープライズサーチ戦略を段階的に説明した。まずMicrosoftは、エンタープライズサーチ市場に存在していたローエンドとハイエンドという2つの市場のどちらにも参入せず、中間的な市場を立ち上げ、インフラのサーチソリューションを提供することにフォーカスしていた。「この市場形成はある程度の成功を収めたが、これは第1段階に過ぎなかった」とSpataro氏は話す。

Spataro氏 MicrosoftのSpataro氏

 次にMicrosoftが注目したのはローエンド市場だ。多くの顧客がシンプルで手軽に導入できるサーチプラットフォームを求めていたことから、同社は無償でダウンロードできるエンタープライズサーチ製品「Microsoft Search Server 2008 Express」を発表した。2007年11月のことだ。

 これが同社のエンタープライズサーチ戦略の第2段階だが、「これでも満足できなかった。やはり十分な機能を提供し、ユーザーが満足のいくようなやりとりができるためにはギャップがある。そこでハイエンドにも目を向けた」とSpataro氏は説明する。

 その際MicrosoftがFastに目を向けた理由はどこにあったのか。Spataro氏は、「エンタープライズサーチにおいて、Fastはわれわれよりずっと進んでいた」と明かす。検索技術でパーソナライズされた情報を自動的に提供する「ゼロタームサーチ」といったビジョンはもちろんのこと、検索で世界を変えようとする情熱的な人々や、そのための技術など、「すべてMicrosoftにとってベストだった」とSpataro氏は話す。

 エンタープライズサーチ分野で、ビジョン、人、技術の3つを兼ね備えたFastと、さまざまなインフラ技術と幅広い顧客層を持つMicrosoftが一緒になれば、「よりよい技術をより早く届けることができる」とSpataro氏は述べ、顧客にとってもメリットがあることを説明した。もちろん、FastがMicrosoftの一部になっても「Fast製品は(Windowsだけでなく)他のプラットフォームもサポートし続ける」(Spataro氏)としている。

 Spataro氏は、買収提案のプレスリリースが出る前日、FastのCEOであるJohn Markus Lervik氏とメールでやりとりした内容を明かした。Spataro氏がプレスリリースの最終版をLervik氏に送り、チェックしてもらったところ、Lervik氏から次のような返事が返ってきたという。「だいたいOKだけど、リリースのタイトルは、『MicrosoftがFastに買収提案した』ではなく、『MicrosoftがFastに買収してもらうよう提案した。新会社の名前はMicrofast』だね」と。このような大胆な考えをするFastだからこそ、Microsoftの目にとまったのかもしれない。

WindowsFAST 「Microfast」という新社名の提案を受け、Spataro氏にも新たなアイデアが浮かんだようだ。「こんな名前のOSならみんなすぐにアップグレードしたいと思ってくれるかも」(Spataro氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]