編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

「Vista SP1」対「XP SP2」--Windowsベンチマーク対決の結果は - (page 5)

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:藤原聡美、中村智恵子、緒方亮、長谷睦

2008-02-20 20:51

結論とお断り

 注:対XP SP3のベンチマークテストを実施しなかったのは、使用許諾契約書(EULA)の規定により、ベンチマークテストの結果を公表できないからだ。それに、いま入手できるのはベータ版なので、今後発表される最終リリース版では違いが生じる可能性がある。

 それでは結論に移ろう。データを見て導き出される結論はただ1つ、「Windows Vista SP1よりもWindows XP SP2の方が速い」。以上だ。15のテストのうち、XP SP2がVista SP1を上回ったのは11だったのに対し、Vista SP1がXP SP2に勝ったものは2つしかなかった。残りの2つは引き分けだ。

 Vista SP1が最も良い結果を出したのは、単一ファイルのドライブ内コピーで、XP SP2が最も優れていたのは、圧縮されたフォルダから複数のファイルを取り出す作業だった。この結果を踏まえ、また、Vista SP1のさまざまな改良点を考慮すると、Vistaの登場当時までさかのぼってVista RTMをXP SP2と比較したとすれば、XPがVistaをこれ以上に手ひどく打ち負かしていたことになる。

 お断り:ここで紹介した結果は、1つのシステムについてのみ当てはまるもので、Vista、XPともにいかなる最適化も行っていない。読者各位が実施するベンチマークテストでは、違う結果が出る可能性はあるし、たぶんそうなるだろう。

 今後は、ゲーム関連のベンチマークテストも実施するつもりだ。お楽しみに。

 米国時間2008年2月18日追記:起動時間の正確な計測には、システムの起動を何度も行う必要があるのではという指摘があった。この点について補足説明しよう。今回テストに用いたシステムを再起動した回数は、一般的な使い方のパソコンが数カ月のうちに再起動される回数より多いので、問題はないはずだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]