IBM、DNA技術を利用したチップ製造を研究中

文:Michael Kanellos(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月21日 22時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生命の素となる構成要素が、半導体業界で使用される構成要素となることがあるのだろうか?その可能性はある。

 IBMの科学者らは、カーボンナノチューブ(炭素原子が筒状になった、導電性を持つ物質)をDNAの分子構造内に配置する研究を行っている。ナノチューブの配列を整然と配置できた段階で、実験室で生成されたDNA分子を取り除くと、整然と並んだナノチューブの格子が残されることなる。こういったナノチューブの格子は、データ格納素子として機能したり、計算を行ったりできると考えられている。

 IBMの科学者であり、リソグラフィ技術と材料工学の専門家としてこのプロジェクトに参加しているGreg Wallraff氏は、「これは、固有の形状へと自己組織化するDNAナノ分子構造である。われわれの目標は、こういった構造体をブレッドボードとして用いて、カーボンナノチューブやシリコンナノワイヤ、量子ドットを組み合わせることにある」と述べるとともに、「われわれが実際に作ろうとしているものは、他のコンポーネントを組み合わせるために用いられる、非常に小さなDNA回路なのだ」と述べている。

 カリフォルニア工科大学のPaul Rothemund氏によって行われた「DNA origami(DNA折り紙)」という画期的な成果に基づいているこの研究は、まだ初期の段階に過ぎない。しかし、DNAを用いたこういった設計技術が、長らく語られてきた「自己組織化」という夢を現実のものにするための方法になると考えている研究者が増えてきている。

 また、こういった方法で製造されたチップは非常に小さなものになるだろう。DNA技術を使うことによって、小さいものでは2ナノメートルという線幅を実現できる可能性がある。今日における最先端チップの線幅は、平均すると45ナノメートルである。(1ナノメートルは10億分の1メートルである。)

 IBMの生化学者であり、有機分子と無機分子を連携させる研究に取り組んでいるJennifer Cha氏は「今のところ、これ以外の方法はない」と述べている。

 半導体製品の製造は現在のところ、機械設備を使って素材を操作するトップダウンのアプローチで行われている。自己組織化を使用する場合、分子固有の化学特性と物理特性、および環境因子によって、素材を複雑な構造へと整列させていくことになる。詰まるところ、雪の結晶と同じことを実現しようとしているのだ。

 しかし、素材の振る舞いを正確かつ秩序正しいものにするには難しい問題が残されているため、DNA技術の出番となるわけだ。DNAは予測可能な方法で結合、反応を行う特定の塩基構造(グアニンとシトシン)から構成されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化