編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

カーネル内部で致命的な例外を検出したため約5秒後にカーネルをpanicさせるというメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-02-22 15:00

Fatal exception: panic in 5 seconds

対処

このメッセージの前に出力するOopsメッセージによって問題の概要を把握できる。更にpanic時に出力するレジスタ情報や関数バックトレースを元に原因を調査する。panicの延長でnetdumpやdiskdumpを使用してメモリダンプを採取することもできる。

説明

カーネル内部で致命的な例外を検出したため約5秒後にカーネルをpanicさせる。

このメッセージは/proc/sys/kernel/panic_on_oopsに"1"が設定されている場合に出力する。このオプションが指定されている場合、カーネル内でメモリのアクセス例外や、ハードウェア障害など致命的な問題を検出した場合に動作するOopsメッセージの出力後、このメッセージを出力し約5秒後にカーネルをpanicさせる。

このメッセージを出力しKernelがpanicした場合、以下のpanicメッセージを出力する。


Fatal Exception

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]