編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

プロセッサのローカルAPICの構成情報として、ACPIのテーブル情報を使用するというメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-02-25 15:00

Using ACPI for processor (LAPIC) configuration information

対処

通知情報のため、対処は不要である。

説明

システム起動時に、プロセッサのローカルAPICの構成情報として、ACPIのテーブル情報を使用することを宣言する。ACPIのMADT (Multiple APIC Description Table)ではなく、BIOSが用意するMPテーブル(MPコンフィギュレーションテーブル)に設定されたAPIC情報を使用する場合に表示されるメッセージである。

MADTのAPIC情報を使用する場合は、以下のメッセージが表示される。

Using ACPI (MADT) for SMP configuration information

APIC(Advanced Programmable Interrupt Controller): x86アーキテクチャのマルチプロセッサ環境で使用するための割り込みコントローラ。CPUに内蔵されるローカルAPICと、I/Oからの割り込みを管理するIOAPICの2種類が存在する。

ACPI(Advanced Configuration and Power Interface): 電源制御と構成要素に関する公開された統一規格。MADT(Multiple APIC Description Table)は、APICの構成情報を持つACPIのテーブル。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]