アドビの「AIR」に早くもセキュリティの懸念?--専門家が警告

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月27日 17時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間2月25日、「Adobe Integrated Runtime(AIR)」を正式にリリースした。これについて、早くもセキュリティコミュニティーで懸念の声が上がっている。

 以前は「Adobe Apollo」と呼ばれてきたAIRはランタイム環境である。このランタイム環境によって、開発者はHTMLやFlash、Ajax、Flexなどのツールを使ってデスクトップアプリケーションを構築できる。Nickelodeon Onlineなどがすでに、AIRを利用したアプリケーションを提供している。

 だがセキュリティ専門家は、AIRアプリケーションによるローカルファイルへのアクセスに懸念を示している。Firefoxも先ごろ、攻撃者が標的にしたファイルシステムに遠隔からアクセスできる脆弱性を指摘されたところだ。このような懸念を緩和するため、Adobeはサンドボックス環境を実装している点を強調しているが、Adobeのドキュメンテーションでは、このサンドボックス環境はウェブブラウザのサンドボックスほど安全ではないと説明している。

 Adobeはさらに、AIRアプリケーションはデジタル署名が必要と説明しているが、この認証手法では自己署名することが可能だ。それだけではなく、多くのユーザーが警告を無視して信用できないアプリケーションを動かすことが予想される。

 また、クロスサイトスクリプティング(CSS)、SQLインジェクション、ローカルリンクインジェクションの可能性もある。これらの脅威はAIRに限ったものではないが、開発者は保護機能が弱いAIRのサンドボックスのみに依存しているうちに、間違ったセキュリティ感覚を見につけてしまう可能性がある。

 Adobeでは、「Introduction to AIR security」という説明的な記事と「AIR Security」というホワイトペーパー(PDFファイル)を公開している。しかし、SANS Internet Storm Centerに掲載されたレポートで、著者のLenny Zeltser氏は、「多くの開発者がAIRのセキュリティのベストプラクティスを知らないか、または故意にショートカットしてエンドユーザーを危険にさらすか、どちらかだろう」と予想している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算