編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Vista SP1」対「XP SP2」ふたたび--Windowsベンチマーク対決第2弾 - (page 4)

文:Adrian Kingsley-Hughes(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、中村智恵子、藤原聡美、緒方亮、長谷睦

2008-02-27 20:30

追加テストとその結果

 テスト結果全体を見ると、両OSともに、スコアを下げる最大の要因がディスクの動作であることは明らかだった。そこでわれわれにある考えが浮かんだ。PassMark PerformanceTestをもう一度実行したのだが、今回は、ハードディスク関係のテストはすべて除外したのだ(このため、ファイルコピー処理そのものはベンチマークにほとんど影響しなくなった)。

 まず、ファイルコピー処理を行わずに、ディスク関連のテストを除外したベンチマークテストを実施し、スコアの基準値を決めた。

ディスク関係のテストを除外したPassMarkスコアの平均値(ファイルコピー処理を行わない場合):
  • XP SP2: 450.5
  • Vista SP1: 403.3

 この結果では、Vista SP1よりXP SP2の方が、PassMarkスコアが11.7%高い。

 続いて、前と同様のファイルコピー処理を行いながら、もう一度ベンチマークテストを実施した。いつもの方法で結果を計算すると、次のようになった。

ディスク関係のテストを除外した、PassMarkスコアの平均値(ファイルコピー処理を行った場合):
  • XP SP2: 389.3
  • Vista SP1: 369.0

 この結果を見ると、XP SP2とVista SP1との差が5.5%に縮まっている。

 2つのOSを直接比較するのではなく、この負荷をかけた状態でのベンチマークテストの結果を、ディスク関係のテストを除外した負荷なしの結果と比較してみよう。

 PassMarkのディスク関係のスコアを除外した条件では、基準値からの変動は次のようになった。

  • コピー処理中、「PassMark PerformanceTest」によるXP SP2のスコアは、コピー処理なしの時より13.7%低い。
  • コピー処理中、「PassMark PerformanceTest」によるVista SP1のスコアは、コピー処理なしの時より8.5%低い。

 テスト結果をもっと詳しく知りたい人のために、詳細なデータをアップロードしておく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]